時候の挨拶と手紙の書き方(二十四節気とは)

二十四節気とは

明治初期まで旧暦(太陰太陽暦)が使われていました。
1年を24等分し、それぞれの節目に季節感を表す名前が付けられていました。
この名称を「二十四節気」と言い、現在でも季節を表す言葉として手紙などで使われています。

名称 意味
立春
(2月4日)
春の気配が感じられるようになる頃。
暦上での春の始まり。
雨水
(2月18日~19日)
雪が雨にかわり、雪解けの始まる頃。
啓蟄
(3月5日~6日)
大地が暖まり、冬眠していた虫が動き始める頃。
春分
(3月20日~21日)
昼と夜の長さが同じになる日。
清明
(4月4日~5日)
世界が清らかに見えるという意味で、桜など様々な花が咲く頃。
穀雨
(4月20日~21日)
あたたかい春の雨が穀物を潤すという意味で、春雨の降る日が増える頃。
立夏
(5月5日~6日)
夏の気配が感じられるようになる頃。
暦上での夏の始まり。
小満
(5月21日)
陽気が盛んとなり、草木が成長して生い茂る頃。
芒種
(6月5日~6日)
梅雨入り前、「芒(のぎ)」のある穀物(稲や麦など)の種を蒔く頃。
夏至
(6月21日~22日)
昼が1年で最も長い日。
小暑
(7月7日~8日)
暑さが次第に強くなっていく、梅雨明けの頃。
大暑
(7月22日~23日)
本格的な夏が到来し、暑さが最も厳しくなる頃。
立秋
(8月7日~8日)
秋の気配が感じられるようになる頃。
暦上での秋の始まり。
処暑
(8月23日~24日)
暑さが峠を越え、ひと段落する頃。
白露
(9月7日~8日)
秋の深まりとともに大気が冷え、草花に露が白く降りるようになる頃。
秋分
(9月23日)
昼と夜の長さが同じになる日。
寒露
(10月8日~9日)
寒さが増し、草木に降りる露が冷たく感じられるようになる頃。
霜降
(10月23日~24日)
霜が降り始め、秋が終わりを告げる頃。
立冬
(11月7日~8日)
冬の気配が感じられるようになる頃。
暦上での冬の始まり。
小雪
(11月22日~23日)
小雪がちらつき始め、本格的な冬の到来を告げる頃。
大雪
(12月7日~8日)
雪が降り積もるようになる頃。
冬至
(12月21日~22日)
昼が1年で最も短い日。
小寒
(1月5日~6日)
寒さが最も厳しくなる頃の始まり。
この日を「寒」の入りと言い、節分までを「寒」と言います。
大寒
(1月20日~21日)
「寒」の真ん中にあたり、寒さが最も厳しい頃。

マシュマロ電報商品一覧

電報、祝電、結婚祝い、お誕生日祝い、メッセージギフトなら、マシュマロ電報

お菓子のマシュマロで作ったマシュマロ電報は、かわいい電報、変わった電報、珍しい電報、食べられる電報、新しいメッセージギフトとして「こんな電報見たことない♪」と大好評です。結婚式ではウェディングボードに使われたり、飾って楽しむ方もたくさん。プチサプライズなギフトにご利用ください。
法人・企業・学校・団体様のまとまったご注文にも短納期(たんのうき)でご対応いたします。
お気軽にご相談くださいませ。こちらは「時候の挨拶と手紙の書き方(二十四節気とは)」ページです。

お困りですか? ご利用案内